ボランタリー経済とコミュニティ

Front Cover
白桃書房, May 26, 2000 - Community development - 219 pages
本書は、神戸学院大学「長期共同研究(A)」(1996年4月~1999年3月)の3カ年に亘る約27回の「フィランソロピー研究フォーラム(こうべ)」における研究報告(助言・報告者、パネリストを含め40人の協働の研究活動)と熱心なディスカッションに基づいた学際的総合研究による研究成果の一部である。「フィランソロピー研究フォーラム(こうべ)」のキー・コンセプトは、阪神・淡路大震災からの復興・創生には、地域づくりに参加する市民・企業市民・市民公益団体・国と地方の行政との「共生」による、ゆるやかな、パートナーシップをとるという、「日本型のフィランソロピー」の仕組みづくりの発展に寄与する研究活動を行うというものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information