エコノミクス・ルール: 憂鬱な科学の功罪

Front Cover
白水社, 2018 - 220 pages
労働価値説から限界革命、行動論から制度の経済学まで、あらゆる学説をモデルと捉え、経済学とは何かを明解に説いた社会科学方法論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information