国家は女性虐待を救えるか: スウェーデンとアメリカの比較

Front Cover
文化書房博文社, 2002 - 223 pages
本書は構造の異なる2つの国家、スウェーデンとアメリカが助成への身体的・性的危害に対してどのように対応したかについての比較研究である。本書では、女性への虐待を政治問題化させたフェミニストの努力についても調査するが、主として暴力をふるう男性から女性を守るプログラムや政策の開発や実施に焦点を当てている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information