「慰安婦」問題と戦時性暴力: 軍隊による性暴力の責任を問う

Front Cover
法律文化社, 2015 - Comfort women - 221 pages
日本の植民地支配との関係、裁判所・民衆法廷が事実認定した被害者・加害者証言の内容、諸外国の類似事例との比較から、被害実態と責任の所在を検討。戦時性暴力の視座から単なる「強制の有無」の問題にとどまらず「制度」の問題であることを強調。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information