大乗仏教概論

Front Cover
岩波書店, 2016 - 513 pages
大拙の事実上のデビュー作Outlines of Mahayana Buddhism、1907、の邦訳。明治新仏教の到達点の一つであり、二十世紀のZen Buddhismの起点ともなった書。過去の仏教の解説でなく、現代に生きる新たな宗教としての「大乗仏教」を思想と実践の両面から提起する。智慧と慈悲の統一を説く理知的にして情熱的なその筆致は、今もなお生命を失わない。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information