国語学原論, Volume 1

Front Cover
岩波書店, Mar 16, 2007 - Japanese language - 346 pages
時枝誠記(一九〇〇‐一九六七)は、いわゆるソシュール的言語理論を批判し、「言語過程説」と名付けられた独自の言語観を提示した。「旧い国語研究の伝統」と「西洋言語学説の流れ」を見据え、国語学の新たな基礎づけを試みた。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information