ひとりで苦しまないための「痛みの哲学」

Front Cover
青土社, Nov 14, 2013 - 197 pages
「痛み」、それはきわめて個人的な体験でありながら、人びとの社会的な共同性のただなかで起きている。医師であると同時に、脳性まひの当事者として発言をつづける注目の論者が、痛みと「記憶」「快楽」「言葉」「ケア」をテーマに語りあう。境界を越える当事者研究の対話の記録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information