多としての身体: 医療実践における存在論

Front Cover
水声社, Sep 20, 2016 - 286 pages
生真面目で安定的なアイデンティティからの撤退。アクター・ネットワーク・セオリーの旗手の一人である著者が、オランダの大学病院を調査し、動脈硬化と呼ばれる一つの病が、様々な行為や場所、診断と治療の相互作用のなかで、複数性を帯びて存在していることを説得的に論じる。人類学の存在論的転回に多大な影響を与えた民族誌。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information