循環器病態学ファイル: 循環器臨床のセンスを身につける

Front Cover
メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2007 - 235 pages
“疾患と治療を単純につなぐ”だけでは味わいがないし、臨機応変の対処はできません。この本は「病態生理学と薬理学の裏づけのある診療」を行うために“循環器臨床のセンスを身につける”ことを目的としています。どこが大事かすぐわかり、気軽に読めて、診療のヒントとなるよう、知って得なことを仕事にフィードバックしやすいかたちで提供しています。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information