科学研究者の事件と倫理

Front Cover
講談社, 2011 - 308 pages
論文のねつ造・盗用、データの改ざん、学位不正授与、研究費不正、名義貸し、贈収賄、セクハラ・アカハラ...科学者の不正行為はなぜなくならないのか。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information