スウェーデン・超高齢社会への試み: 変わりゆく制度変わらない理念

Front Cover
ミネルヴァ書房, 1998 - 321 pages
福祉に関して、人権をベースに壮大な実験を繰り返してきたスウェーデンは今後どこへいこうとしているのか。1964年以来両国を行き来し、スウェーデン在住の著者が、単なる福祉制度の解説ではなく、その根底に流れる共通の理念を生活者の立場から紹介する。いままで、障害者や子どもの問題に深く係わってきた経験と、日本の老人ホームで自分の母親を見送った体験をふまえ、体系的にまとめたスウェーデンの高齢者福祉の現状。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information