核開発時代の遺産: 未来責任を問う

Front Cover
若尾祐司, 木戸衛一
昭和堂, 2017 - 344 pages
私たちは未来になにを残すのか!?地球を何度も破壊できるほどに進んだ核の軍備競争は、一方で「平和利用」として輝く未来の夢に浮かされるように、多くの原発や関連施設を産んでいった。これら開発がもたらしたさまざまな施設やその影響は、いまや片づけることのできない「遺産」となって横たわっている。ヒロシマ・ナガサキ、そしてフクシマを抱く私たち日本人こそ、真摯にこの「遺産」と向き合わねばならない。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information