性のアナーキー: 世紀末のジェンダーと文化

Front Cover
みすず書房, May 25, 2000 - 398 pages
ハガードや『ジキル博士』からワイルド、『闇の奥』へ、ジェンダー論を中心軸にして世紀末文化の諸相をみごとに分析。性の新たな可能性を見据えた最新の成果。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information