社会契約論

Front Cover
岩波書店, 1954 - Political science - 246 pages
これはもっとも徹底的な人民主権論を説いた書物である。国家は個々人が互いに結合して、自由と平等を最大限に確保するために契約することによって成立する。ルソー(1712‐78)はこの立場から既成の国家観をくつがえし、革命的な民主主義の思想を提示した。フランス革命の導火線となった近代デモクラシーの先駆的宣言の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information