永遠平和のために

Front Cover
岩波書店, 1985 - Peace - 138 pages
世界の恒久的平和はいかにしてもたらされるべきか。カント(1724‐1804)は、常備軍の全廃、諸国家の民主化、国際連合の創設などの具体的提起を行ない、さらに人類の最高善=永遠平和の実現が決して空論にとどまらぬ根拠を明らかにして、人間ひとりひとりに平和への努力を厳粛に義務づける。あらためて熟読されるべき平和論の古典。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information