善と悪: 倫理学への招待

Front Cover
岩波書店, 2006 - Ethics - 220 pages
道徳的にみて「善い」「悪い」という判断には、客観的な根拠はあるのか。「赤い」「青い」などの知覚的判断や、「酸性」「アルカリ性」などの科学的判断とはどう違うのか。その基準となる「道徳原理」は、どのようにありうるか。ソクラテス以来の大問題を、最新の分析哲学の手法を用いて根底から論じ、倫理学の基本を解き明かす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information