現代物理最前線, Volume 4

Front Cover
共立出版, 2001 - 187 pages
『電弱理論とその検証』電磁気の力と、原子核の崩壊を引き起こす「弱い力」とを統一する電弱理論が、最近実験により検証された。電弱理論とは何か、その将来の展望をも含め紹介。『高温超伝導研究最前線』高温超伝導の発見以来10数年たち、相当な量の実験データが蓄積されてきたが、いまだ確定的な理論は完成していない。現時点での実験結果を集大成し解説。『パルサーからマグネターのすべて』中性子星の自転に応じて規則正しい電磁波を放射する宇宙の灯台、パルサーの最新の観測にもとづいて、その誕生と進化、エネルギー開放機構に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information