生命はどこから来たのか? アストロバイオロジー入門

Front Cover
文藝春秋, Aug 20, 2013 - Biography & Autobiography - 286 pages
NASAは「生命はどこから来たのか?」を21世紀の宇宙探査のテーマとし、「アストロバイオロジー」と名付けました。これは「生命とは何か」「生命はいかに地球に出現し進化したか」「我々は宇宙で孤独な存在なのか」が柱となります。本書は、惑星科学の第一人者・松井孝典東大名誉教授が「アストロバイオロジーの本は多く出ているが、本質的な問題を論じたものは少ない」として筆をとった、惑星科学論の決定版です。最新の宇宙探査データから、生命の起源と進化、地球外生命体の可能性についても論じる、惑星科学における最新情報満載の一冊!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information