自由論

Front Cover
光文社, 2012 - 301 pages
個人の自由への干渉はどこまでゆるされるのか。反対意見はなぜ尊重されなければならないのか。なぜ「変わった人間」になるのが望ましいのか。市民社会における個人の自由について根源的に考察し、その重要さを説いたイギリス経験論の白眉。現代人必読の今もっともラディカルな書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information