ALWAYS 続・三丁目の夕日: もういちど、あのときへ。

Front Cover
小学館, Sep 11, 2007 - Popular literature - 316 pages
東京タワーが完成し、年が明けた昭和三十四年。駄菓子屋を営みながら児童小説を執筆する茶川竜之介や、油まみれで車の修理に追われる鈴木オートの社長をはじめ、夕日町三丁目に暮らす人々の周辺にまたいろいろと騒動が...。西岸良平原作の人気コミック『三丁目の夕日』と、日本中が涙した映画の続編「ALWAYS 続・三丁目の夕日」に描かれる“三丁目ワールド”を、作家・山本甲士が前作につづいてあたたかく綴る。懐かしいあの感動にもういちど出合える国民的ノベライズ小説!どんなに時代が移り変わろうと、変わらない大切なものがきっとそこにはある―。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information