コンテンツビジネス in チュウゴク: ヘンドウスルシジョウタイトウスルサンギョウ ; アニメエイガホウソウゲームマンガオンガクショウヒョウケンチョサクケン

Front Cover
翔泳社, 2007 - Copyright - 251 pages
本書で扱うコンテンツはエンターテインメントの要となる、アニメ、映画、テレビ、ゲーム、マンガ、音楽、商標権、著作権である。これらは中国市場の成長に伴い、欧米やアジア諸国のコンテンツ産業界がこぞって進出や連携を図ろうとする渦中にあり、日本にとっても経済的野心の絡み合った最重要戦略ターゲットのひとつとなっている。中国=海賊版という固定観念から抜け出せないまま、今後コンテンツビジネスなどできるのか?産業としての発展など望めるのか?実務者だけが知りえる「リアルな現状」をビジネスに絡めて解説する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information