スマリヤン数理論理学講義, Volume 2

Front Cover
日本評論社, 2018 - 312 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
スマリヤンが追求した不完全性定理後の数理論理学。数学者レイモンド・M・スマリヤン(1919‐2017)。明快さと機知に富む多くの著作で知られる。その最後の著作となった、数理論理学(数学基礎論)の入門書。得意のジョークも交えた独特の筆致で読者を数理論理学の深い理解へと誘います。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information