朝鮮人強制連行

Front Cover
岩波書店, 2012 - Forced labor - 258 pages
アジア・太平洋戦争時、一九三九年(昭和一四)九月から一九四五年八月にかけて行われた戦時労務動員について、その計画の策定過程、無謀な動員の実態、動員の中で日常化した暴力、そして動員体制の崩壊までを基本史料をもとに描きだす。「朝鮮人強制連行」といわれるものの実態が、どのようなものであったかを明らかにする一冊。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information