ゲームの名は誘拐

Front Cover
光文社, 2005 - Japanese fiction - 339 pages
敏腕広告プランナー・佐久間は、クライアントの重役・葛城にプロジェクトを潰された。葛城邸に出向いた彼は、家出してきた葛城の娘と出会う。“ゲームの達人”を自称する葛城に、二人はプライドをかけた勝負を挑む。娘を人質にした狂言誘拐。携帯電話、インターネットを駆使し、身代金三億円の奪取を狙う。犯人側の視点のみで描く、鮮烈なノンストップ・ミステリー。

What people are saying - Write a review

User ratings

5 stars
2
4 stars
4
3 stars
1
2 stars
0
1 star
0

Review: ゲームの名は誘拐 (光文社文庫)

User Review  - tshio - Booklog

2005/07/23 Read full review

Review: ゲームの名は誘拐 (光文社文庫)

User Review  - dahman - Booklog

2014.6.10〜 Read full review

Bibliographic information