すべての仕事は「問い」からはじまる: たった1秒の「問題解決」思考

Front Cover
Sbクリエイティブ, Oct 27, 2016 - Business & Economics - 240 pages
マッキンゼー式“核心”に迫る仕事術

●マッキンゼーで学んだ、最も大切な仕事術
・すべての仕事において、「その仕事の本質は何か」「その目的は何か」を意識しておくことは非常に大切なことであると思います。著者がマッキンゼー学んだ、最も大事なことは「問い」でした。問題に迫るうえでも、事実を知るうえでも「本質に迫る質問すること」が、質の高い仕事をするうえで何より大事なことだそうです。さらに、質問をすることで「相手に気持ちよく動いてもらうこと」もできます。

・そこで本書では、「問うこと」に焦点を当て、より本質的な仕事をするための方法や「問い」の技術などを、仕事術として紹介します。

・世の中には、たったひとつの「問い」を出すだけで、物事がクリアになったり、やるべきことが明確になったりということがままあります。マッキンゼーで学び、現在エグゼクティブコーチングの中で磨かれた、質問のスキルについて、余すところなく紹介します。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2016)

●著者紹介
大嶋祥誉(おおしま さちよ)
センジュヒューマンデザインワークス代表取締役。エグゼクティブ・コーチ、組織開発・人材育成コンサルタント。上智大学外国語学部卒業。米国デューク大学Fuqua School of Business MBA取得。米国シカゴ大学大学院人文科学学科修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーでは、様々な戦略立案などのコンサルティングプロジェクトに従事。その後、ウイリアム・エム・マーサー、ワトソンワイアット、グローバル・ベンチャー・キャピタル、三和総合研究所にて、経営戦略や人材マネジメントへのコンサルティングおよびベンチャー企業支援に携わる。2002年より独立し、エグゼクティブ・コーチングや組織変革コンサルティング、チームビルディング、リーダー開発に従事する。著書に『マッキンゼー流入社1年目問題解決の教科書』『マッキンゼー流入社1年目ロジカルシンキングの教科書』『マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか』(以上、SBクリエイティブ)、『マッキンゼーのエリートが大切にしている39の仕事の習慣』(アスコム)などがある。

Bibliographic information