サド: 切断と衝突の哲学

Front Cover
白水社, 2007 - 273 pages
断ち切れ、すべての愛を!打ち砕け、人類を!啓蒙と革命のフランス18世紀、「社会」という幻想が人々を捉えたまさにそのとき、サドは書く、「孤立せよ」、と。リベルタンが生きる「切断と衝突」の論理。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information