魔法使いと最後の事件

Front Cover
文藝春秋, Nov 28, 2019 - Fiction - 296 pages
小山田刑事と魔法使いマリィは無事に結ばれるのか? 人気の「魔法使いマリィ」シリーズ最終巻。 オカルト誌に魔法使いの正体を暴かれ、小山田刑事の前から姿を消したマリィ。今回ばかりはマリィに頼らず、人気時代小説作家殺害の謎を解かなくてはならない小山田。偶然を味方につけた犯人の、完璧なアリバイを破ることができるのか?(魔法使いと幻の最終回) 塾講師の夫に、准教授の妻。夫婦間格差にカッとなった夫は妻を撲殺してしまう。しかし即死しなかった妻は、ダイイングメッセージを残していた。それに気づいた夫は、メッセージを加工して罪を逃れようとするが——。(魔法使いと准教授からの伝言) 憧れの女性を奪われたことに我を忘れて、勤務先の先輩を殺してしまった男。その日は折しも土砂降りの雨。証拠の隠滅にもってこいの日だったが、現場に残されていた傘が、真犯人の正体を指し示していた。(魔法使いと五本の傘) 木に落ちた雷をきっかけに、正当防衛に見せかけて金持ちの親戚を殺すトリックを思いついた二人の男。マリィの魔法で真犯人を知った小山田が見つけなくてはならなかったのは「凶器の片割れ」。(魔法使いと雷の奇跡)

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information