敗北者たち: 第一次世界大戦はなぜ終わり損ねたのか 1917-1923

Front Cover
みすず書房, 2019 - 568 pages
未曾有の紛争が大量虐殺の論理を生んだ。敗北者にとって、戦後はまさに暴力の始まりだった。帝国の崩壊、内戦、ファシズムの台頭。20世紀を決定付けた暴力の起源を照らし、現代史の新たな扉を開く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information