経営組織認識論考: 組織認識論の世界

Front Cover
文眞堂, 2016 - 563 pages
組織的にいかに状況を適切に認識するか、いかに新たな知を創造するか。現代の組織にとり、最重要の課題に取り組んできた組織認識論。本書では、組織認識および組織知に関する代表的諸理論の紹介、ケース・スタディ等、それらの実践的応用展開例、さらには最新の研究動向まで、欧米を中心に活発な議論が展開されてきた組織認識論の全貌が明らかにされる。本書は、文眞堂刊行『組織認識論の世界』1巻~3巻を合本とし、改題・再構成したものです。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information