金子喜一とジョセフィン・コンガー: 社会主義フェミニズムの先駆的試み

Front Cover
岩波書店, 2011 - Feminism - 269 pages
二〇世紀初頭のアメリカで、「フェミニズムの足音」が聞こえると謳い、女性が男性に従属することのない新しい社会の到来を予感した稀有な社会主義者、金子喜一と、ラディカルなフェミニスト、ジョセフィン・コンガー。「人間の平等」という同じ理想をめざす社会主義の影響を受けながらも、フェミニズムが独自の深まりを見せていく過程を、二人の生涯を通じて描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information