笑う大英帝国: 文化としてのユーモア

Front Cover
岩波書店, 2006 - 224 pages
王様も政治家も神様も、おかまいなしのイギリス・ユーモア!痛烈なからかい、目を覆うほどバカバカしいギャグ、ほろりとさせる優しい笑い―“笑い”と“英国”をこよなく愛する著者が、十八世紀から現代まで縦横無尽に例をとり、豊富な「笑いの文化遺産」の中に英国文化の本質を読み解く。『パンチ』等の貴重な図版も多数収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information