最後の大君徳川慶喜とその時代

Front Cover
立風書房, Sep 30, 1997 - Japan - 269 pages
幕末動乱そして明治維新と日本史上稀有の大変革期に、才覚・実力・情況すべての要素に恵まれながらも、鎌倉幕府以来の最後の征夷大将軍となってしまった徳川慶喜。彼を取り巻く人物と出来事を厳選し、混迷期の中で懊悩する孤独な将軍の実像に迫る。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information