さらば、資本主義

Front Cover
新潮社, Oct 20, 2015 - Japan - 220 pages
資本主義をもうやめてみたら...。経済成長と物質的豊かさ、世界での地位を追求してきた戦後の日本は、なぜ、こんな奇妙な社会になったのか。「“価格破壊”と“消費者絶対主義”の大罪」「地方創生で失われるもの」「朝日新聞の歪んだ戦後認識」「トマ・ピケティと福沢諭吉が示す禍福」「ITと金融がもたらす人間破壊」...稀代の思想家が、日々のニュースの本質を鋭く衝き、資本主義の限界と醜態を、次々と浮かび上がらせる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information