セックスウォッチング: 男と女の自然史

Front Cover
小学館, 1998 - 254 pages
ヒトの性はいつの時代にも人の興味をそそり議論の的となるテーマであった。「裸のサル」や「マンウォッチング」など世界的ベストセラーを著したデズモンド・モリスは、本書で男と女の違いを考察し、その役割が原始時代以来どのように変わってきたかを調べた。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information