アジア太平洋の地域秩序と安全保障

Front Cover
冷戦終結後の新たな世界秩序の行方に大きな影響を及ぼす、グローバリゼーション(世界化)の急速な進行の元で台頭してきた地域主義。日本は、世界化と地域主義の台頭するポスト冷戦の世界において、いかなる役割を果たせるのか―、どのような役割を期待されているのか―,そこにはどのような諸問題が存在するのか―。本書では、日本のアジア太平洋地域における役割に焦点を当て、日本の直面する諸問題を明らかにするとともに、秩序形成における日本の役割を論じる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information