シュルレアリスム、あるいは作動するエニグマ

Front Cover
アヴァンギャルドからも、モダニズムからも、逸脱してみせたシュルレアリスムは何をもって我々を誘惑=挑発し続けているのだろうか。現実と表象が“痙攣的”に邂逅し、常に謎を作動させるディスクールを巧緻に読み解く、シュルレアリスム研究の泰斗の足跡。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information