漱石のリアル: 測量としての文学

Front Cover
紀伊國屋書店, 2002 - 329 pages
鉄道、都市、貨幣、帝国、個人、恋愛、日常性...漱石を「測量装置」として近代社会におけるリアリティの地形をあぶりだす。気鋭の社会学者による新しい漱石読解への誘い。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information