心のおくりびと東日本大震災復元納棺師: 思い出が動きだす日

Front Cover
金の星社, 2011 - Embalming - 157 pages
「うん、ママだ...ママだ...」2011年3月11日、東日本大震災。津波がうばった母親の面影を、ひとりの女性が生前の姿にもどしていく。何時間もかけて、ていねいに、絶対に元にもどすと思いながら。その手で復元された生前の姿に、家族はようやく涙を流し、子どもたちはお別れを告げることができるようになる。人の最後の姿は、残された家族の今後を決める。被災地にボランティアで入り、遺族の思いが動きだす瞬間を見てきた復元納棺師の記録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information