アポリア: 死す 「真理の諸限界」を“で/相”待‐期する

Front Cover
人文書院, 2000 - Belief and doubt - 193 pages
「決定不可能性」と、「正義」を求める「責任ある決定」との問いを、境界設定とその通過の(不)可能性の問いへと結節させ、方途なきアポリアの経験を肯定する。境界と通過の(不)可能性の際たるものとしての「死」を、ハイデッガーの『存在と時間』から出発して論じる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information