いかにして実験をおこなうか: 誤差の扱いから論文作成まで

Front Cover
丸善, 2006 - 264 pages
標準偏差と標準誤差の違いとは?グラフの縦軸、横軸はどう決める?予備実験はなぜ必要か?...。精緻な実験を行うための心構えと測定に向かう基本姿勢、簡易的な誤差の扱いからガウス分布、最小2乗法の正確な理解、論文の書き方まで明快に解説。良質な論文を書くためのスキルを凝縮した実験プロフェッショナル養成の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information