環境・人口問題と食料生産: 調和の途をアジアから探る

Front Cover
渡部忠世, 海田能宏
農山漁村文化協会, 2003 - 228 pages
二〇年後、あるいは三〇年後、それほど遠くない近未来の地球の上において、果たして人類はその生存に足る食料をなお生産し続けているだろうか。この問題を、願望などをまじえずに、率直に考えてみたい。農学の諸分野や環境学などの新しい視点から、できるだけアジアの現実に即して迫ってみようとするのが、本書の目的である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information