フランス植民地主義と歴史認識

Front Cover
岩波書店, 2014 - 352 pages
近代において世界にまたがる広大な植民地帝国を築いた、フランス。植民地支配という“過去”は、現代フランスにおいてどのように認識されているのだろうか。長年フランス植民地史研究に取り組んできた著者が、第二次世界大戦における植民地の役割、独立戦争についての記憶の交錯、本国と植民地との相互関係などに着目し、歴史認識の“現在”を問う。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information