日韓の占領管理体制の比較憲法的考察: 東アジアと日本国憲法の定位

Front Cover
日本評論社, 2018 - Constitutional history - 436 pages
日本国憲法が示す平和主義の水脈は日本だけではなく、東アジア諸国にも繋がる。本書は、日本における「戦後」と、日本が意識あるいは無意識のうちに消去したかもしれない韓国の「戦後」を、憲法のレベルで共通する占領管理体制時期に焦点をあて、その関係論的な比較を行い、日本国憲法の原点と未来を鮮明にすることを試みたものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information