デューラーの古代性とスキファノイア宮の国際的占星術

Front Cover
ありな書房, 2003 - Art, Italian - 326 pages
イタリア・ルネサンスの古代復興のデューラーにおける受容を考察しつつ、“パトスフォルメル”の概念を提起し、フェッラーラのスキファノイア宮に描かれたフレスコ画連作の占星術的イメージの分析によって、“イコノロジー”の方法論を実践した、ヴァールブルク美術史学の新たな展開を示す、学問的霊感に満ちた代表的論攷。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information