計算統計力学

Front Cover
森北出版, 1999 - 268 pages
本書は、ニュートン力学・熱力学の基礎から説き起こし、統計力学の基礎を非平衡系の数値シミュレーションの原理と手法に結び付け、物性の再現からついに「時間の矢」の起源を相空間のフラクタル性に求める議論に至る、数値計算にもとづく非平衡統計力学の通論である。能勢・フーバー力学の考案者の一人であるビル・フーバー先生ならではの、雄大な構想と示唆に富む豊富な具体例が満載。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information