場の量子論 2 素粒子の相互作用, Volume 2

Front Cover
丸善プラネット, 2011 - 296 pages
場の量子論の入門的教科書の邦訳。第2巻では、まずゲージ理論と、場の理論におけるGreen関数・生成汎関数の一般論を提示し、径路積分形式を導入して強い相互作用(量子色力学)を論じる。後半では弱い相互作用の現象論から、理論のゲージ化、自発的な対称性の破れの概念の導入を経て、電弱標準理論に到達する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information