東アジアにおける公共性の変容

Front Cover
慶應義塾大学出版会, 2010 - Civil society - 413 pages
東アジアという世界を中心に、社会秩序の根幹をなす「公共性」という視点から社会文化間の比較研究をおこない、グローバリゼーションのなかで変容を迫られている公共性のあり方を論じる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information