開発のミクロ経済学: 理論と応用

Front Cover
岩波書店, Feb 20, 2001 - Developing countries - 256 pages
発展途上国では、伝統的な制度・組織や価値観と、冷徹な市場原理とが共存する。この共存の意味を明らかにする理論枠組みを提示し、南アジア農村の現地調査やミクロデータに基づき厳密な実証分析を行う。マクロ的視点を重視する従来の開発経済学や、市場メカニズムを全面的に信頼する新古典派開発経済学を乗り越える画期的試み。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information