千年の幸福

Front Cover
新評論, 2006 - 652 pages
正義の王国は実現できたか?幸福の追求が生んできたものは?中世の千年王国論から近代のユートピア、進歩思想まで、キリスト教文明が内包する異端の流れは、途切れることなく今日まで脈々と生き続けてきた。キリスト教文明の懐に生き続ける、集団的心性としての正義の夢。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information