「移動する子ども」という記憶と力: ことばとアイデンティティ

Front Cover
川上郁雄
くろしお出版, 2013 - Identity (Psychology) - 374 pages
「移動する子ども」は、親や支援者、まわりの子どもたちとどのような関係性の中でことばを習得したのか。いかに効率的にことばの学習をするかではない。複数言語を学んだ経験が人生の中でくりかえし意味づけられ、「移動する子ども」という記憶として人を形成していく。当事者が語る経験と記憶は、社会を生き抜く力の源泉となる。「移動する子ども」学の新たな視座の提示。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information